「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ムチウチ

ムチウチ

交通事故後遺障害診断書 4

ムチウチ

著 者
ISBN
978-4-7803-0434-3 C3332
判 型
A4判
ページ数
128頁(オールカラー)
発行年月日
2012年02月
価 格
定価(本体価格3,500円+税)
ジャンル

内容

交通事故の損害補償の最初のクライマックスは後遺障害等級獲得です。
交通事故外傷の最大勢力、38%を構成するムチウチを解説。外傷性頚部症候群にとどまらず、バレ・リュー症候群、胸郭出口症候群、脳脊髄液減少症、軽度脳損傷=MTBIにいたる周辺疾患も説明。ムチウチだけでなく、脊髄損傷、中心性頚髄損傷、脊髄空洞症等、頚部に想定されるすべての傷病名を網羅。頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、頚髄症のメカニズム、年齢変性と交通事故の相当因果関係も解説。

目次

◦後遺障害とはなにか
1 後遺障害ってなに?
2 いつ、申請はできるの?
3 誰が認定するの?
4 どこに申請すれば? 必要な書類や手続きはどうしたらいいのか?
5 どうして被害者請求でなければならないのか?
6 後遺障害診断書にはなにを記載すればいいの?

◦後遺障害を巡る問題点
1 医師が後遺障害を知らない?
2 後遺障害診断書は一人歩きをする?
3 後遺障害を損害賠償で捉えると?

◦後遺障害のまとめ
1 併合と併合の原則について?
併合 Q&A
2 相当について?
相当 Q&A
3 加重について?
4 別表Ⅰ=介護を要する後遺障害と、別表Ⅱの後遺障害の併合について?

◦後遺障害認定基準

◦ムチウチの後遺障害
Nliro調査事務所が公表している外傷性頚部症候群・後遺障害認定基準
⑴外傷性頚部症候群における障害の種類
⑵受傷から症状固定まで、診断書作成上の留意点
⑶後遺障害等級表における外傷性頚部症候群の評価
⑷外傷性頚部症候群にかかる後遺障害認定基準

外傷性頚部症候群 急性期の診断書

外傷性頚部症候群 急性期以降の経過診断書

外傷性頚部症候群 後遺障害診断書

外傷性頚部症候群・TCS(traumatic cervical syndrome)の後遺障害とは?
TCS、5つの分類
TCSの治療
TCSの後遺障害等級
コラム 「ムチウチでは、後遺障害が認定されないのか?」

日本賠償科学会とTCS
⑴生理的前弯の消失とMRI上の頚椎椎間板ヘルニアについて
⑵頚部損傷の長期化について
⑶保険屋さんのチェックポイント
⑷被害者の対処法

頚部神経学的所見のおさらい
⑴スパーリングテスト
⑵握力検査
⑶徒手筋力検査
⑷筋萎縮検査
⑸知覚検査
⑹深部腱反射 Deep Tendon Reflex
⑺病的反射
⑻頚部の可動域
⑼結論
コラム 徒手筋力・深部腱反射について?

腰部神経学的所見のおさらい
⑴ラセーグテスト
⑵SLRテスト
⑶FNSテスト
⑷徒手筋力検査
⑸筋萎縮検査
⑹知覚検査
⑺深部腱反射テスト
⑻病的反射
⑼胸腰部の可動域検査
コラム 外傷性頚・腰部症候群=TCSの治療?

1 お土産、努力賞で14級が認定
2 お土産、努力賞で14級が認定
3 35歳女性、バレ・リュー型で14級
4 31歳男性、14級
5 61歳男性、14級9号の認定
6 30歳男性、タクシー運転手、非該当
7 30歳男性、組立工、14級9号
8 42歳男性、不思議な14級9号
9 43歳男性、なぜか非該当
10 48歳男性、14級9号
11 42歳女性、頚椎捻挫・腰椎打撲で14級9号
12 43歳女性、ある意味理想的な後遺障害診断書
理想的な後遺障害診断書

外傷性頚部症候群で14級9号を獲得する理想的な後遺障害診断書とは
後遺障害診断書には、以下の3点の記載をお願いしてください

外傷性頚部症候群で14級9号を獲得するチェックリスト?

腰椎捻挫で14級9号を獲得するチェックリスト?

最悪のパターン、非該当
コラム 医学の常識?

外傷性頚部症候群 本物の後遺障害診断書で12級13号を検証
1 39歳女性、12級12号
2 29歳女性、12級12号
3 39歳女性、頚椎椎間板ヘルニアで12級13号
4 64歳男性、12級13号
5 43歳女性、頚椎椎間板ヘルニアで12級13号
6 43歳男性、腰椎椎間板ヘルニアで12級13号
7 14級を12級としたもの
8 14級を12級としたもの、整形外科後遺障害診断書
  診断書
  認定通知書
9 14級を12級としたもの、整形外科後遺障害診断書
10 14級を12級に、異議申立の後遺障害診断書
11 14級を12級に、再異議申立の後遺障害診断書
  診断書 106
12 14級から12級、32歳男性、最初の申請
13 14級から12級、32歳男性、異議申立
  診断書
理想的な後遺障害診断書

外傷性頚部症候群で12級13号を獲得する理想的な後遺障害診断書とは

12級13号となると、自覚症状・画像所見・頚腰部神経学的所見が一致すること、特に画像で他覚的所見を立証しなければなりません

外傷性頚部症候群で12級13号を獲得するためのチェックポイント?

腰椎捻挫で12級13号を獲得するためのチェックポイント?

◦ムチウチとNPO交通事故110番
1 Nliro調査事務所の考え方
2 地方裁判所の考え方
3 NPO交通事故110番の考え

●交通事故110番は専門家集団をめざします

●交通事故専門家としての要件

こんな方々に

被害者◉
部位に合った後遺障害の申請を行う上で必要となる情報を網羅
弁護士◉
交通事故の相談において幅広く、中身の濃い対応が可能となる
行政書士◉
交通事故相談の手引き、新たな相談分野にと考える方にも最適
医師◉
等級認定の基礎となる、後遺障害診断書の作成の手引きとなる

著者プロフィール

宮尾 一郎 ミヤオイチロウ

NPO交通事故110番代表理事
NPO交通事故110番のページ

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍