「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ものづくりの現場から

ものづくりの現場から

かもがわブックレット 190
まちの希望がここにある

モノヅクリノゲンバカラ

編著者
ISBN
978-4-7803-0546-3 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2012年07月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

阪神・淡路大震災から17年、あのすさまじい被害を出した東日本大震災から1年を経て確かめられたことー地域再生の原動力は、言うまでもなく中堅・中小企業であり、いつの世も変わらないものは、実感を伴う「手業(てわざ)」が発揮できる人間だということ。ものづくりを軸にした地域再生の道筋について、第一線で活躍するメンバーとともに考えるシンポジウムの記録。

もくじ

第1部
ものづくりの“場”の底力
お話=小関智弘さん(作家。1933年、東京生まれ。1951年〜2002年まで大田区内の町工場で旋盤工として働く。
第2部
シンポジウム「ものづくりの明日は?」
1)地域で生きるものづくり
2)地域が生きるひとづくり
大久保裕晴(池田泉州銀行顧問・自然総研社長)
玉木 新雌(播州織デザイナー)
宮永 英孝(播州算盤工芸品協同組合理事長)
大裏  篤(兵庫県立ものづくり大学校長・当時)
吉田  修(尼崎商工会議所会頭・音羽電機工業社長)
加藤 正文(神戸新聞経済部次長)
綱本 武雄(地域環境計画研究所代表取締役)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。


関連情報

現在はありません