「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

なぜ、道徳を学ぶの?

なぜ、道徳的を学ぶの?

道徳を考える 3

ナゼ、ドウトクヲマナブノ?

編著者
内田樹:協力
ISBN
978-4-7803-0993-5 C8312
判 型
A4判変型
ページ数
32頁
発行年月日
2019年02月 
価 格
定価(本体価格2,500円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

道徳について考える習慣をつけるきっかけの本!
第3巻では、道徳が教科としてどう変遷してきたかを見ていき、そのあとで、いま大きく深刻な問題となっている「いじめ」についてもとりあげる。武道家でもある内田先生は、「武道では強弱勝敗といった他者とくらべての優劣は問題ではありません。競争に勝つことより、自分の生きる力を最大化して、生きのびることのほうがたいせつだということをおぼえておいてください」と言う。こうした内田先生の考えを参考にしながら、いじめについて、道徳について考える。

目次

●パート1 「道徳の授業」のうつりかわり

  • 道徳教育のはじまりは明治時代?/「修身」ってなにを学ぶの?/修身の教科書でおしえられたこととは?/第二次世界大戦後の道徳教育/いじめについて考えた(その1)

●パート2 なぜ道徳が教科になったの?

  • 新しい道徳って、どんなもの?/道徳と「いじめ」防止/「ケータイ&スマホ」によるいじめ/いじめについて考えた(その2)

●パート3 どうして「道徳」を学ぶの?

  • 一人ひとりの道徳的意識/成熟した大人になるには/学ぶとはどういうことか

著者プロフィール

内田 樹 ウチダタツル

1950年生まれ。 東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退。現在、神戸女学院大学文学部教授。 専門は、フランス現代思想、映画論、武道論。『日本辺境論』で2010年日本新書大賞受賞。
ブログ: 内田樹の研究室

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません