若者よ、マルクスを読もうⅢ

アメリカとマルクス─生誕200年に

著 者

内田 樹・石川 康宏

ISBN

978-4-7803-0984-3 C0030

判 型

四六判

ページ数

288頁

発行年月日

2018年09月

価 格

定価(本体価格1,800円+税)

ジャンル

政治・社会・労働

※紙書籍のご購入はこちらから↓

マルクスの見方、読み方を変える衝撃の本が登場する!
大好評シリーズの4冊目。テキサスへの移住のため手続きをしたマルクス、アメリカの最大新聞の常連執筆者となり、亡命して南北戦争で北軍に入った30万人の同志ともどもリンカーンを支えた姿を通じて、マルクスの見方が変わる

第一部〈往復書簡〉『フランスにおける(の)内乱』
 石川康宏から内田樹へ(2017年12月30日)
 内田樹から石川康宏へ(2018年3月30日) 
第二部〈報告と批評〉アメリカとマルクス
 〈報告〉アメリカとマルクス・マルクス主義─受容と凋落(内田樹)
 〈批評〉現代アメリカ型「マルクス主義」への道(石川康宏) 
第三部〈報告と批評〉 生誕二〇〇年のマルクス
 〈報告〉マルクスは何者であり続けてきたか(石川康宏)
 〈批評〉現実から生まれた理論、外部から来た理論(内田樹) 
第四部〈新華社への回答〉『若マル』の著者が語る生誕二〇〇年のマルクス
 マルクスを読むことにはどういう意味があるのか(内田樹)
 資本主義の改革にも本当の社会主義のためにも(石川康宏)

内田 樹
1950年生まれ。 東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退。現在、神戸女学院大学文学部教授。 専門は、フランス現代思想、映画論、武道論。『日本辺境論』で2010年日本新書大賞受賞。
ブログ: 内田樹の研究室
 
石川 康宏
1957年生まれ。
立命館大学2部経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科卒業。現在、神戸女学院大学文学部教授。専門は、経済理論。
ブログ:はげしく学び はげしく遊ぶ

関連書籍・記事

道徳を考える

道徳を考える

マルクスの心を聴く旅

マルクスの心を聴く旅

福島が日本を超える日

福島が日本を超える日

若者よ、マルクスを読もうⅡ

若者よ、マルクスを読もうⅡ

憲法の「空語」を充たすために

憲法の「空語」を充たすために

若者よ、マルクスを読もう

若者よ、マルクスを読もう

軍事立国への野望

軍事立国への野望

女子大生 原発被災地ふくしまを行く

女子大生 原発被災地ふくしまを行く