「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

魯迅の愛した内山書店

魯迅の愛した内山書店

上海雁ヶ音茶館をめぐる国際連帯の物語

ロジンノアイシタウチヤマショテン

著 者
ISBN
978-4-7803-0682-8 C0095
判 型
四六判
ページ数
256頁
発行年月日
2014年02月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

魯迅は、中国の圧政に、抗しつつ、同じく日本の圧政と闘う小林多喜二や尾崎秀美ら多くの日本人と交流し、連帯を深めた。
その拠点となったのが、1917年に上海に誕生した内山書店。魯迅はここで日本語の書籍を1000種類以上購入している。バーナード・ショーやアグネス・スメドレーと魯迅の交流も、内山書店が仲介した。
綿密な取材で新資料を発掘し、書店店主の完造と妻の美喜の視点で、この時期の国際連帯の物語を描ききる。日中関係に暗雲が漂う現在、人びとが向かうべき連帯の方向性を暗示する。

著者プロフィール

本庄 豊 ホンジョウユタカ

1954年群馬県生まれ。東京都立大学卒、現在立命館宇治中学校・高等学校教諭。京都歴史教育者協議会副会長、宇治山宣会調査研究副部長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

しんぶん赤旗
[2014年5月18日]に紹介

京都新聞
[2014年2月26日]に紹介