「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

自閉症児の世界をひろげる発達的理解

自閉症児の世界をひろげる発達的理解

乳幼児期から青年・成人期までの生活と教育

ジヘイショウジノセカイヲヒロゲルハッタツテキリカイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0079-6 C0037
判 型
A5判
ページ数
200頁
発行年月日
2007年04月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

「目に見える現象」「障害の特殊性」「単一の機能の発達」にひきつけられやすい自閉症に対して、もっと広く深い視野をもって向き合わねばー。
一人ひとりに、ていねいに働きかける指導をつくるために、「障害らしさ」で束ねるのではなく、「その人らしさ」から発達障害をとらえたいー。

目次

———————————————————————————————————
イントロダクション 
———————————————————————————————————

  1 発達をどうとらえるか 

  2 自閉症とは

  3 乳幼児期から青年・成人期までの生活と教育

      楽しい生活、安心できる人
      子どもの可能性の発見から「その子らしい文化」の世界へ
      自立経験と心理的分離
      自らの価値を発見する道すじ

  4 発達保障のための基本視点

———————————————————————————————————
第1部 指導の前提としての発達観・障害観
———————————————————————————————————

第1章 連関と過程において発達をとらえる

  1 まず問われる実践の優位性

      レット症候群の子どもたち
      理論と現実の「ずれ」を見抜く実践を

  2 発達と障害を認識する視点

      人さし指の分離と外界を対象化し共有する力の連関
      両手の協応と気持の切り替えの連関
      認知と情意の連関
      「心の理論」欠如仮説
      言語認知障害仮説
      見通しの表象の障害仮説
      障害と発達の相互浸透

  3 人格として認識する視点

  4 障害の背景を認識する視点


第2章 発達障害として自閉症を認識する

  1 発達障害として認識するとは

  2 発達障害として認識することが、人格の自己実現の大切さを見失うことにつながってはならない

———————————————————————————————————
第2部 自閉症の発達障害と指導 
———————————————————————————————————

第1章 「対」の認知ができるゆえに「不安」の生起する発達段階
    [通常、生後四か月頃〜九か月頃]

       人への情動の高まりと「人見知り」の意味
       不安をのりこえて
       自閉症の子どもの不安の背景
       感覚刺激の過敏性をのりこえる指導
       偏食とどう向き合うか
       人差し指は、外界へ向かう構えの象徴

第2章 他者との共感を媒介にして、感情や意味の共有が芽ばえる発達段階
    [通常、生後一〇か月頃〜一歳前半]

       予期と期待の誕生
       「わざと大人の困ることをする」

第3章 定位と達成感蓄積から、自我が芽ばえる発達段階
    [通常、一歳後半〜二歳頃]

      定位的活動による共感・共有
      定位的活動で人と人がつながる
      自閉症の子どもと定位的活動
      「○○ではない○○だ」
      胸に落ちる行動の転換を
      自閉症の子どもの「マッチング反応」
      一歳半の発達の質的転換期における発達連関
      一歳半の発達の質的転換期と自我の誕生

第4章 見えない世界への表象をもちはじめ、得体の知れない世界への不安が高まる発達段階
    [通常、二歳中頃〜三歳頃]

      「○○してから○○する」
      自他の分化における拮抗と対称性への志向
      対比的弁別認識の獲得
      得体の知れない世界への不安感
      対比的弁別認識をもつゆえの集団参加の不安

    【補論】不安と固執傾向が強い機能障害の重い子ども

         基本的な行動の特徴
         典型的事例
         学習された無力感と自我発達の制約

      「心の杖」
      「回り道からの挑戦」
      伝えたい生活の事実と表現手段
      自閉症の子どもも描く
      注意喚起行動にかくれた発達要求

第5章 「もっとがんばりたい」思いが生まれ、自己修正しようとする発達段階
    [通常、三歳後半〜四歳]

      「もっとがんばりたい」
      花開くファンタジー

    【補論】高機能自閉症と四歳の発達段階

         発達検査で分析する発達傾向
         発達障害の特徴と指導の課題

第6章 発達障害の生成過程と行動特徴

       発達連関と行動
       行動の問題を惹起する社会的要因

———————————————————————————————————
第3部 提案——ライフサイクルを見通した指導
———————————————————————————————————

  1 子どもの時間の単位

  2 それぞれのライフ・ステージの尊重

      幼児期には生活の楽しさと信頼できる人間関係を
      学童期は伝えられる喜びも
      思春期は人間関係の再構築
      「わが子を見ない」という勇気
      自立経験をはじめる
      第二次性徴と向き合う
      青年期は労働を介して自らの価値の発見を 

  おわりに

著者プロフィール

白石 正久 シライシマサヒサ

1957年群馬県生まれ
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程指導認定退学
障害児の発達診断、障害児教育専攻
右京病院発達相談室、大阪電気通信大学の勤務を経て、現在龍谷大学社会学部臨床福祉学科教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません