「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「子どもを真ん中に」を疑う

「この子の願いをわかりたい」からはじまる療育

堺市児童発達支援センター5園の実践

「コノコノネガイヲワカリタイ」カラハジマルリョウイク

著 者
堺市社会福祉事業団職員集団 :編
ISBN
978-4-7803-0700-9 C0037
判 型
A5判
ページ数
208頁
発行年月日
2014年06月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

発達を支える障害児の地域療育とはなにか。
子ども一人ひとりに即した丁寧なかかわりと支援を大切にしている堺市の児童発達支援センターの療育実践。肢体障害・発達障害・知的障害など、さまざまな障害をもつ子どもたちを理解するための療育者たちの苦闘と、発達への願いを実現するために、多職種の専門性を生かして、遊びや生活を創造する営みを明らかにする。

目次

第1章
児童発達支援センターと療育に通う子どもたち
第2章
重度の肢体障害をもつ子どもの療育
第3章
発達障害をもつ子どもの療育
第4章
知的障害の重い子どもの療育
第5章
多職種の力を合わせてつくりあげる療育
第6章
療育に寄せる保護者のねがい
第7章
解説:白石正久

編集者のコメント

子どもを「障害」から見るのではなく、さまざまな表象の背景にある子どもの「願い」を理解することから、発達保障の療育実践は始まる。日々の生活の中で、障害児の心に迫ろうとする療育者の苦闘と喜びが伝わる。

著者プロフィール

白石 正久 シライシマサヒサ

1957年群馬県生まれ
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程指導認定退学
障害児の発達診断、障害児教育専攻
右京病院発達相談室、大阪電気通信大学の勤務を経て、現在龍谷大学社会学部臨床福祉学科教授

高橋 真保子 タカハシマホコ

本書で紹介する堺市社会福祉事業団職員集団のリーダーとして、長年現場で療育に携わる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません