「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

徐勝の東アジア平和紀行

韓国、台湾、沖縄を巡って

ヒガシアジアデヘイワヲツクルタビ

著 者
ISBN
978-4-7803-0415-2 C0031
判 型
四六判
ページ数
296頁
発行年月日
2011年02月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

『獄中19年』の著者による国家による暴力と人権回復への道
東アジアでの人権侵害とその名誉回復、和解と平和を求める旅エッセイ。緊迫する朝鮮半島の平和への道、問われる日本の対応についての提言。『獄中19年-韓国政治犯のたたかい』の著者が歩んだ数奇な軌跡も収録。

目次

1
私の生きてきた道
2
魂よ、よみがえれ
1、アジアのにおいー沖縄自立・独立への力
2、台湾民衆闘争の足跡をたどって
3、延辺朝鮮族と高句麗史をめぐる韓中葛藤
4、韓国映画「実尾島」
3
東アジア、平和への旅
1、東アジアの平和を求める旅
2、人権とトラウマ
3、靖国の闇を照らしだすキャンドルの灯
4、済州ー平和の島
5、友達のいない孤独な国「日本」
6、台湾、東アジアのもう一つの熱点
4
東アジアの和解と平和へ
1、朝鮮半島の危機を超えて
2、朝鮮半島の行方と日本
3、「韓国併合」100年を契機に

読者の声

投稿者:女性

評価: ☆☆☆
韓国の現状がよくわかるいい本でした。東アジアの平和と平和共存のために韓国や沖縄の他、台湾のことを知らなければいけないと痛感!

著者プロフィール

徐 勝 ソスン

1945年、京都府生まれ。立命館大学法学部教授、同大学コリア研究センター長、日本平和学会理事。

関連情報

現在はありません