「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ひきこもりつつ育つ

東アジアの国家暴力と人権・平和

ヒガシアジアノコッカボウリョクトジンケン・ヘイワ

著 者
ISBN
978-4-7803-0472-5 C0036
判 型
A5判
ページ数
292頁
発行年月日
2011年11月 
価 格
定価(本体価格3,000円+税)
ジャンル

内容

東アジアにおける重大な人権侵害、とりわけ国家暴力による人権侵害とその回復、同地域における和解と平和に関する論文12篇を収録。立命館大学コリア研究センター長時代の論考の集大成。

目次

1部
東アジア国家暴力と人権
第1章 「東アジアの国家暴力―韓国、台湾を中心に」『法と暴力』
第2章「台湾「戒厳時期叛乱曁匪諜不當審判案件補償條例」の研究
第3章「済州四・三事件から見た大量虐殺事件の清算と和解
2部
朝鮮半島と東アジアの平和
第4章 「韓日新時代」論考―金大中政権の対日政策」
第5章 「双勝と慈悲―朝鮮半島における和解・協力・統一
第6章 「日本の国家主義、韓国の民族主義小考
第7章 日韓新時代」再論
第8章 韓中高句麗認識論争の認識
第9章 済州島海軍基地設置反対運動を通して見る韓国の平和運動
補論
 
第10章 開発と人権―東北アジアの場合
第11章 韓国の政治犯と思想転向制度
第12章 五年六月靖国裁判意見書

著者プロフィール

徐 勝 ソスン

1945年、京都府生まれ。立命館大学法学部教授、同大学コリア研究センター長、日本平和学会理事。

関連情報

現在はありません