「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

13歳からの食と農

13歳からの食と農

家族農業が世界を変える

13サイカラノショクトノウ

著 者
ISBN
978-4-7803-1120-4 C0036
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2020年11月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

家族農業はSDGsの要だよ!
食糧不足や気候変動危機を受け大きく方針転換しつつある食と農の問題を、「家族農業の10年」、SDGs(持続可能な開発目標)等のキーワードでわかりやすく解説。

目次

第1章
食卓から考える農業のかたち…多様化する食と新しい課題
第2章
なぜ今、家族農業が注目されるのか?…国際社会のパラダイム転換
第3章
家族農業とは…営利第一の企業経営との違い
第4章
なぜ家族農業はSDGsのカギなのか?…実は「効率的」で自然との共生も可能
第5章
家族農業の課題をのりこえれば新しい社会がみえてくる…多様性の認めあい
第6章
新しい家族農業にむけて…誰もが農的暮らしができる社会

著者プロフィール

関根 佳恵 セキネカエ

愛知学院大学准教授。
家族農林漁業プラットフォーム・ジャパン常務理事。
2018年、国連食糧農業機関(FAO)の客員研究員。

関連情報

現在はありません