道徳ってなに?

道徳ってなに?

道徳を考える 1

編著者

内田樹:著

こどもくらぶ:編

ISBN

978-4-7803-0991-1 C8312

判 型

A4判変型上製

ページ数

32頁

発行年月日

2019年01月

価 格

定価(本体価格2,500円+税)

ジャンル

道徳を考える

道徳について考える習慣をつけるきっかけの本!
「みなさん、こんにちは。内田樹です」というおなじみのスタイルではじまる、内田先生の書き下ろし。小学生に向けて文章を書くことは、ほとんどないという先生は、道徳の本を書くように編集部からたのまれ、なにを書けばいいかわからないまま引き受けてしまった。
はたして、内田先生が最後にたどりついた結論は……?
内田樹さん「道徳を考える」についてのブログ

●パート1 「道徳」という言葉について考えてみよう
 意味がわからないままつかわれる言葉/「道徳」という言葉の意味/うすっぺらな道徳と厚みのある道徳
●パート2 具体的に考えてみよう
 満員電車で席をゆずるのは、だれ?/歌にうたわれないヒーロー
●パート3 さらに考えてみよう
 だれかがしなければいけないこと/だれが最後の席をゆずるべきか?

内田 樹
1950年生まれ。 東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退。現在、神戸女学院大学文学部教授。 専門は、フランス現代思想、映画論、武道論。『日本辺境論』で2010年日本新書大賞受賞。
ブログ: 内田樹の研究室

関連書籍・記事

町工場の底力第2期

町工場の底力第2期

町工場の底力第1期

町工場の底力第1期

工場の底力

工場の底力

若者よ、マルクスを読もうⅢ

若者よ、マルクスを読もうⅢ

マルクスの心を聴く旅

マルクスの心を聴く旅

福島が日本を超える日

福島が日本を超える日

若者よ、マルクスを読もうⅡ

若者よ、マルクスを読もうⅡ

憲法の「空語」を充たすために

憲法の「空語」を充たすために