「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

あいまいさを引きうけて

日常を散歩する3

アイマイサヲヒキウケテ

著 者
ISBN
978-4-7803-0964-5 C0095
判 型
四六判上製
ページ数
286頁
発行年月日
2018年05月 
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

問いを飴玉のように口の中でころがして楽しんできた・・・何年も、時に何十年も
児童文学に描かれた“子ども”像を探る「敗者としての子どもたち」、読者は心を豊かにするかと問う講演「本を読むこと、壊されること」。『トムは真夜中の庭で』の作者フィリッパ・ピアスへのインタビューや、「ゲド戦記」や乙骨淑子をめぐる鶴見俊輔との対話。「ゲド」の作者アーシュラ・K・ル=グヴィンへの追悼文も収録。

読者の声

投稿者:男性 45歳 文筆業

評価: ☆☆☆☆
すばらしかったです。平和をいきのびるための、日常を描く作品を、という言葉に励まされました。今後の創作の指針をいただきました。ありがとうございました。

著者プロフィール

清水 眞砂子 シミズマサコ

児童文学翻訳家・評論家、元青山学院女子短期大学教授。「石井桃子」論で日本児童文学者協会新人賞受賞。

関連情報

現在はありません