「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

あいまいさを引きうけて

日常を散歩する3

アイマイサヲヒキウケテ

著 者
ISBN
978-4-7803-0964-5 C0095
判 型
四六判上製
ページ数
286頁
発行年月日
2018年05月 
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

問いを飴玉のように口の中でころがして楽しんできた・・・何年も、時に何十年も
児童文学に描かれた“子ども”像を探る「敗者としての子どもたち」、読者は心を豊かにするかと問う講演「本を読むこと、壊されること」。『トムは真夜中の庭で』の作者フィリッパ・ピアスへのインタビューや、「ゲド戦記」や乙骨淑子をめぐる鶴見俊輔との対話。「ゲド」の作者アーシュラ・K・ル=グヴィンへの追悼文も収録。

著者プロフィール

清水 眞砂子 シミズマサコ

児童文学翻訳家・評論家、元青山学院女子短期大学教授。「石井桃子」論で日本児童文学者協会新人賞受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

西日本新聞
[2018年7月14日]に紹介