「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

戦争を伝えることば

戦争を伝えることば

いらだつ若者を前にして

センソウヲツタエルコトバ

著 者
ISBN
978-4-7803-0379-7 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
152頁
発行年月日
2010年08月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

若者に戦争は伝えられるか!?
語りにくい体験を「孫娘」に伝えようと、品川氏は言葉をさがし展望の見えぬ「平和な」社会にいら立つ若者を前に清水氏は佇むふたりの講演と対話には、どうしても届けたい言葉が溢れている

目次

1
孫娘に語った戦争体験 (品川正治)
2
平和を生きのびる (清水眞砂子)
3
対話・戦争は語り継げるか (品川正治/清水眞砂子)

著者プロフィール

品川 正治 シナガワマサジ

経済同友会終身幹事、財団法人国際開発センター会長。旧制第三高等学校在学中に召集され、中国戦線で戦闘に明け暮れ、そのときに受けた銃弾が右足に残る。日本火災海上保険(現、日本興亜損保)社長、会長を歴任。その後、経済同友会副代表幹事、専務理事に就任。

清水 真砂子 シミズマサコ

児童文学翻訳家・評論家、元青山学院女子短期大学教授。
「石井桃子」論で日本児童文学者協会新人賞受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません