「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

不器用な日々

不器用な日々

日常を散策する 2

ビジュツキョウシガツクッタスイサイガノキョウカショ

著 者
ISBN
978-4-7803-0391-9 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
240頁
発行年月日
2010年10月 
価 格
定価(本体価格1,900円+税)
ジャンル

内容

人間なんて、どうせ、といわないで 生きるっておもしろい
現実に立ちすくむ若者たち、家族という不思議への問い、そして死の準備とは・・・希望や幸福を語ることをためらわぬ著者の、社会に向けられた真摯でしなやかなまなざし。最終講義「『読む』という不思議」も収録。

目次

1
家族というふしぎ/私たちは必死に我慢してきた/行方不明の時間
2
憧れを手離すとき/「平和を生きのびる」ために
3
いくつもの「ほんとうの名前」/子どもの目から見た離婚/死の準備とはただひとつ、そのことを覚悟すること
4
人間の悪意、そして記憶すること/手作りなんてクソくらえっていってみない?/のびやかな仕事こそ/セピア色の備忘録
5
最終講義「読む」という不思議

著者プロフィール

清水 真砂子 シミズマサコ

児童文学翻訳家・評論家、元青山学院女子短期大学教授。
「石井桃子」論で日本児童文学者協会新人賞受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません