「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

障害児保育は「子ども理解」の場づくり

障害児保育は「子ども理解」の場づくり

ショウガイジホイクハ「コドモリカイ」ノバヅクリ

編著者
ISBN
978-4-7803-0704-7 C0037
判 型
B5判
ページ数
160頁
発行年月日
2014年06月
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

特別なニーズのある子ども、気になる子どもへの対応が盛んに議論され、理解が深められていますが、いま求められるのは「子ども理解の場づくり」です。保育の現場では、障害のある子どもたちをどう受けとめ、日々どんな保育実践をしているのでしょうか。4つの園から障害児保育の実践を紹介します。第4章「あそびをゆたかに楽しんで」はイラスト付きでわかりやすく、すぐに実践できます。

大阪保育問題研究会の障害児部会で報告された保育実践と、大阪保育運動センターの領域別保育講座の活動をまとめたもの。

目次

はじめに
久田敏彦
第1章
子どもの生活づくりと障害・発達理解
第2章
障害児保育の実践に学ぶ
第3章
障害児の生活づくりと集団づくり
第4章
あそびをゆたかに楽しんで
おわりに

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

保育のなかの絵本

絵は子どものメッセージ

集団づくりの「見取り図」を描く

関連情報

現在はありません