「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

子どもの発達と描く活動

子どもの発達と描く活動

保育・障がい児教育の現場へのメッセージ

コドモノハッタツトカクカツドウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0324-7 C0037
判 型
B5判
ページ数
208頁
発行年月日
2010年02月 
価 格
定価(本体価格2,500円+税)
ジャンル

内容

描く活動を、日常の保育のなかにどう位置づければよいのでしょうか
幼児期の絵を「美術表現」という視点からではなく、基本的にはイメージを表し伝える「ことば」としてとらえ、子どもによりそって描く活動をもっと日常に生活・保育のなかに位置づけていきましょう。障がいのある子どもたちの描画活動にどう取り組んだらよいか、その事例も紹介します。
子どもたちの「描く力」を育てるのかーたっぷりの事例で紹介。

各年齢の「発達」を通して、子どもたちの描画の力の世界を拡げる本です
子どもたちの絵470枚掲載 絵へのコメントに心温まります。

目次

はじめに
秋葉英則
第1章
描き、つくる活動の意義とそのよろこび
第2章
0歳〜1歳半ころ=乳児期(応答的活動から志向的活動へ)を経て幼児期へ
第3章
1歳ころ〜2歳ころー錯画的・なぐりがきの時代・表出の時代
第4章
2歳ころ〜3歳後半期ー意味づけ期・みたて・つもり期 表出期から表現期への転換期
第5章
4歳ころ〜4歳後半期ー頭足人の時代・羅列期前期
第6章
5歳ころ〜7歳ころー図式的構想表現の時代
第7章
「9歳の節」と思春期を見通して
おわりに

はじめに

秋葉英則先生(大阪健康福祉短期大学学長・大阪教育大学名誉教授)
“理論から実践へ、実践の理論かへ”そのあくなき歩みの成果が本書の到達点といえましょう。(中略)本書全体の攻勢のフレームがうまれるまでのご苦労は、それはそれは千辛万辛を重ねてのことでした。その努力が実り、一定の展望を得たのは、保育・教育実践に限りなくよりそい、徹底した観察をもっての資料の蓄積の力によるものです。
保育・教育実践にこだわりつづけた著者の実践の成功は「子ども時代の生活をどのようにつくりだすのかが最重点課題」だと明確にしたことです。

おわりに

本書の主人公は、なかまと今日一日を精一杯生きて表現する子どもたち、子どもたちと生活をつくりつつ、生活を表現につないで、ゆたかな表現を結実させた現場の実践書です。

著者プロフィール

新見 俊昌 ニイミトシマサ

1932年生まれ。
滋賀大学教育学部非常勤講師
仏教大学社会福祉学部非常勤講師
大阪千代田短期大学幼児教育科教授を歴任。
全国各地の現場の実践に学びつつ、保育士と共同して、生活に根ざし、発達に応じ、かつ必要な描画活動のあり方を探求。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません