「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

保育のなかの絵本

保育のなかの絵本

ホイクノナカノエホン

著 者
ISBN
978-4-7803-0770-2 C0037
判 型
B5判
ページ数
204頁
発行年月日
2015年06月 
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

子どもたちと多くの時間を過ごす保育士にこそもっと絵本のことを知ってほしい!
保育の現場で、時間をつなぐためだけに読まれがちな絵本。しかし、保育士が絵本の芸術的な価値を認め、子どもの発達に応じ、真心こめて読めば、豊かな保育につながります。
第1章では絵本の価値と絵本の取り扱い方、第2章では子どもの発達と絵本について、第3章では保育現場での絵本読みの実践を年齢別に紹介。保育士のための、保育士による絵本論です。
保育士がおすすめする年齢別絵本リストつき!

目次

はじめに
第1章
保育者が子ども達と絵本を読むということ
1節
はじめに  
2節
絵本とはなにか 
3節
保育のなかの絵本 
4節
絵本の読み方 
5節
おわりに
第2章
子どもの発達と保育と絵本
1節
はじめに  
2節
子どもたちにすぐれた絵本を 
3節
乳児期の発達と保育と絵本 
4節
幼児期前半の保育と絵本
5節
幼児期後半の発達と保育と絵本 
6節
おわりに
第3章
保育のなかの子どもたちと絵本:実践編
1節
はじめに  
2節
1歳児クラスと絵本 
3節
2歳児クラスと絵本 
4節
3歳児クラスと絵本 
5節
4歳児クラスと絵本 
6節
5歳児クラスと絵本
おわりに

読者の声

投稿者:68歳 女性 無職

評価: ☆☆☆
今まで、子どものための絵本をテーマに書かれた書物をたくさん読んできましたが、絵本についてこんなに丁寧な内容の本は初めてです。出版してくださったことに心から感謝して、これから保育現場で活躍してくれる若い保育士や子どもたちに接するスタッフ、子どもたちの保護者、祖父母、たくさんの人に読んでもらいたいたいと願っています。

投稿者:60歳 女性 無職

評価: ☆☆☆
単に実践された記録ではなく、絵本学を正置友子先生と学ばれた先生方の記録なので、価値ある本になったと思います。学童児の育ちのなかの絵本もつくってください。

著者プロフィール

正置 友子 マサキトモコ

1940年、名古屋市生まれ。愛知県立女子大学英文学科卒業。1973年に千里ニュータウンにて青山台文庫を開設、現在に至る。1994年、ローハンプトン大学大学院に留学。ヴィクトリア時代の絵本の研究論文でPh.D.を取得。元聖和大学大学院教授。2009年より絵本学研究所を主宰。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

障害児保育は「子ども理解」の場づくり

絵は子どものメッセージ

集団づくりの「見取り図」を描く

関連情報

現在はありません