「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子どもの命は守られたのか

子どもの命は守られたのか

東日本大震災と学校防災の教訓

コドモノイノチハマモラレタノカ

著 者
ISBN
978-4-7803-0515-9 C0037
判 型
A5判
ページ数
184頁
発行年月日
2011年12月 
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

全国の沿岸低地の学校は大丈夫か?
東日本大震災で学校は子どもの命を守れたのか。調査と証言、百数十枚の写真による被災状況を元に、学校防災の教訓とこれからの課題を検証する。
命が守られた学校・教訓が残った学校ー宮城からの発信

目次

第一章
3・11、あのとき学校はどう対応したのか
第二章
震災・津波前後から一次避難に至る状況下での対応と教訓
第三章
視察と取材を通して見えてきた教訓
第四章
これからの学校防災に向けて

読者の声

投稿者:男性 高校教師 51歳

評価: ☆☆☆
一番よく調べてある本ですね。勤務校内にふれまわります。

投稿者:男性 教諭

評価: ☆☆☆
冷静な解説とこれからの課題が明確で、とてもためになりました。

投稿者:女性 公務員

評価: ☆☆☆
東日本大震災関係の本は、極力読もうと思っている。この本も図書館でかりて読んだ。そして、購入した。学校の先生方に、ぜひ読んでもらいたい本だ。

投稿者:78歳 男性 産婦人科医

評価: ☆☆☆
震災後9か月、貴重な報告です。医療チームは、どこが避難所に指定されているのかを知っているべきだと思いました。教育をどう守るかという立場でつかまれた論文ですが、それは人間をどう守るかであると思います。

著者プロフィール

数見 隆生 カズミタカオ

京都大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科博士後期課程単位取得。現在、華頂短期大学・社会福祉学科児童福祉専攻助教授。
専門は発達心理学、保育学。保育園をフィールドとして、言語発達を中心に子どもの発達を研究している。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

京都新聞
[2012年2月19日]に紹介

河北新報
[2011年12月25日]に紹介