「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子どもの命と向き合う学校防災

子どもの命と向き合う学校防災

東日本大震災の教訓から日本の沿岸部学校への提言

コドモノイノチトムキアウガッコウボウサイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0757-3 C0037
判 型
A5判
ページ数
216頁
発行年月日
2015年04月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

学校防災関係者必読!
沿岸降での防災準備は万全か?東日本の二の舞を踏んではならない!
大川小をはじめ東日本の被災校を検証し、東南海地域815校について調査、南房総市をモデルにした提携研究

目次

第1章
東日本大震災での津波被害
第2章
東南海地域沿岸部の小・中学校の防災対応の状況と課題
第3章
南房総市の学校をモデル地域として防災に取り組んだこと
第4章
これからの学校防災

読者の声

投稿者:教員 39歳 男性

評価: ☆☆☆
東日本大震災から5年……。人々の記憶から忘れ去られることのないよう、この本を学校の職員図書として購入しました。いかなる時も子ども達の命を守ること、忘れてはならないと感じます。

著者プロフィール

数見 隆生 カズミタカオ

宮城教育大学教授、同大付属小学校校長を経て、現在、東北福祉大学教授。日本学校保健学会理事。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

中日新聞(県内版)
[2015年5月23日]に紹介

中日新聞(県内版) [2015年5月23日]に紹介