国連家族農業10年

コロナで深まる食と農の危機を乗り越える

編著者

農民運動全国連合会

ISBN

978-4-7803-1104-4 C0036

判 型

A5判

ページ数

120頁

発行年月日

2020年08月

価 格

定価(本体価格1,300円+税)

ジャンル

環境・自然科学

※紙書籍のご購入はこちらから↓

メガファームでは、もう生き残れない
低い食料自給率、グローバル食料貿易への依存…日本の食と農はこのままでいいのか。持続可能な食料制度は「家族農業」でつくる。
ジェンダー平等、アグロエコロジーについての解説&取り組み紹介も。

第1章◉新型コロナがもたらした世界の食と農の不安 その背景にあるものは・・・
第2章◉コロナと日本の食と農、そして家族農業
第3章◉家族農業は持続可能な新しい食料制度の柱
第4章◉国連家族農業の10年で持続可能な社会を創る
第5章◉新しい社会へ 舵をとる世界

古くさいイメージのある「家族農業」ですが、世界ではエコロジカルで、紛争災害などの社会的リスクに強い農業として注目されています。農業書であると同時に、コロナ後の社会をどのようにとらえ、再構築していくかを示唆する社会問題、時事問題の書としても読み応えあるものに仕上げました。

農民運動全国連合会
農業と農家の暮らしを守るための自主団体。47都道府県に連合会がある。
2億人以上が集う世界最大の農民組織ビア・カンペシーナに加盟する日本唯一の組織。

関連書籍・記事

しんぶん赤旗[20年10月18日]に紹介

貧困・飢餓をなくす

貧困・飢餓をなくす

環境・エネルギー問題を解決する

環境・エネルギー問題を解決する

多様性ある社会をつくる

多様性ある社会をつくる