「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

南スーダン、南シナ海、北朝鮮

南スーダン、南シナ海、北朝鮮

新安保法制発動の焦点

ミナミスーダン、ミナミシナカイ、キタチョウセン

著 者
ISBN
978-4-7803-0877-8 C0031
判 型
A5判
ページ数
224頁
発行年月日
2016年11月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

この11月、南スーダンの自衛隊に「駆けつけ警護」任務が付与される。
南シナ海の緊張は高まり、北朝鮮のミサイル開発も進む。
新安保法制はいよいよ発動されるのか。
元自衛隊幹部、国際政治研究者、国際ボランティア、アフリカ出身者などがそれぞれの立場から問題点を究明する。

目次

1、
自衛隊海外派兵の系譜
2、
南スーダン問題
3、
南シナ海問題
4、
北朝鮮問題

著者プロフィール

自衛隊を活かす会 ジエイタイヲイカスカイ

正式名称は「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会』。
2014 年6月7日に結成。自衛隊を否定するのではなく、かといって国防軍や集団的自衛権に走るのでもなく、現行憲法のもとで生まれた自衛隊の可能性を探り、活かすことを目的に、自衛隊関係者の協力も得ながら、各種のシンポジウム、提言活動などを行っている。呼びかけ人代表は柳澤協二(元内閣官房副長官補)、他の呼びかけ人に伊勢﨑賢治(東京外国語大学教授)、加藤朗(桜美林大学教授)。ホームページで活動内容が分かる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません