「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

自衛官の使命と苦悩

自衛官の使命と苦悩

「加憲」論議の当事者として

ジエイカンノシメイトクノウ

著 者
渡邊 隆・山本 洋・林 吉永・柳澤協二
自衛隊を活かす会:編集協力
ISBN
978-4-7803-1002-3 C0031
判 型
四六判
ページ数
192頁
発行年月日
2019年01月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

当事者の考えを知らないままの憲法論議は不毛だ!
例えば防衛大学校入学の年に出た自衛隊違憲判決。「加憲」案に心が動かないはずがない。しかし──
改憲しても何も変わらないなら、変わるまで待ったほうがいいのではないか。国民投票で対立が深まると、せっかくの自衛隊を支持する世論が分裂するのではないか──。自衛官の心情は揺れ動く。
自衛官はどんな使命感を持ってきたのか、どんな矛盾に直面し、苦悩してきたのか。そのことをまず知ってほしい。知った上で憲法論議をやってほしい。
本書からは自衛官の心からの叫びが聞こえてくる。

著者プロフィール

渡邊 隆 ワタナベタカシ

陸上自衛隊第一師団長、東北方面総監などを歴任。カンボジア派遣PKO初代隊長。

山本 洋 ヤマモトヒロシ

陸上自衛隊第七師団長、中央即応集団司令官などを歴任。南スーダン派遣PKO初代隊長。

林 吉永 ハヤシヨシナガ

航空自衛隊第七航空団司令、幹部候補生学校長などを歴任。退官後、防衛研究所戦史部長。

柳澤 協二 ヤナギサワキョウジ

東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、国際地政学研究所副理事長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません