「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

9.11から20年 人類は教訓を手に入れたのか

9・11から20年 人類は教訓を手に入れたのか

キュウイチイチカラニジュウネンジンルイハキョウクンヲテニイレタノカ

編著者
ISBN
978-4-7803-1175-4 C0036
判 型
四六判
ページ数
416頁
発行年月日
2021年08月 
価 格
定価(本体価格2,700円+税)
ジャンル

内容

9.11テロが世界にもたらした変化と意味を語る
自衛隊を統括した官邸で、アフガニスタンの現場で、国際政治学の世界で、ジャーナリズムの現場で、市民運動の立場で
世界と日本を変えた、そして関わった個人をも変えた9・11から20年を全分野から総括する。

著者と論考

〈対談〉寺島実郎×柳澤協二 日米中の関係の変化の中で日本の立ち位置を問う

伊勢崎賢治
バイデンの「無条件降伏」 喜劇だが、しょうがない
加藤朗
9・11同時多発テロと監視国家中国の台頭
長谷部恭男
シャルル・ドゴールんの闘争
冨澤暉
二○年を省みての提言 憲法九条と憲法九八条2項の優先順位
渡邊隆
9・11に始まる対テロ戦争の本質と限界
林吉永
「9・11ニューヨーク・ワシントン同時多発テロ事件」雑感
半田滋
自衛隊のインド洋派遣、イラク派遣を検証する
小村田義之
同盟強化をひた走った日本 米中対立で転換点に
志葉玲
イラク戦争がもたらしたもの 小泉元首相の無責任発言批判
添谷芳秀
安全保障政策の三○年
酒井啓子
9・11が変えた世界
太田昌克
衰退の源流を考える 「転換点」としてのイラク開戦
河東哲夫
9・11後の二○年
宮坂直史
9・11テロと炭疽菌郵送事件 その影響を再考する
佐道明広
9・11以後の日本の安全保障政策
池田香代子
目覚めた市民は二度と眠らない
屋良朝博
引きこもり日本の中の沖縄
マイク望月
9・11とその影響に関する個人的考察

紹介動画

インターネットテレビの「デモクラシータイムス」の9月10日放映の「ウィークエンドニュース」で紹介されました。
13分あたりから17分までです。

著者プロフィール

柳澤 協二 ヤナギサワキョウジ

東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、国際地政学研究所副理事長

自衛隊を活かす会 ジエイタイヲイカスカイ

正式名称は「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会』。
2014 年6月7日に結成。自衛隊を否定するのではなく、かといって国防軍や集団的自衛権に走るのでもなく、現行憲法のもとで生まれた自衛隊の可能性を探り、活かすことを目的に、自衛隊関係者の協力も得ながら、各種のシンポジウム、提言活動などを行っている。呼びかけ人代表は柳澤協二(元内閣官房副長官補)、他の呼びかけ人に伊勢﨑賢治(東京外国語大学教授)、加藤朗(桜美林大学教授)。 ホームページで活動内容が分かる。

関連情報

現在はありません