「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

TPPは国民医療を破壊する

TPPは国民医療を破壊する

韓米FTAに学んだ医療者からの訴え

TPPハコクミンイリョウヲハカイスル

著 者
ISBN
978-4-7803-0583-8 C0031
判 型
A5判
ページ数
120頁
発行年月日
2012年11月 
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

内容

韓国への視察を元に、韓米FTAから見えてくるTPPの日本の医療への影響を論じた本邦初の単行本。米営利企業の参入で薬剤費・医療材料費は高騰し、「誰でも、いつでも、どこでも」安心して医療を受けられる日本の国民皆保険制度は空洞化する。
「国民皆保険制度のせいで商売が出来ない」と米国企業が日本政府を訴えるー
そんな無謀がまかり通るTPPを許せますか!?

目次

第1章
TPPと韓米FTA
第2章
日本と韓国はともに国民皆保険の国
第3章
韓国の医療現場と医療の自由化
第4章
人間の安全保障 寄与する国民皆保険と阻害するTPP
第5章
反TPP、反FTA運動の現状について
補 論
韓米FTAは、国民の健康に対する災い

読者の声

投稿者:男性 41歳 会社員

評価: ☆☆☆
私は、自律神経失調症と過敏性腸症候群を抱え、神経科と内科に通院していますけれど、TPPで国民皆保険ならびに私も開業医に通院していますけれど、私の主治医の病院もつぶされるかなと感じました。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません