「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる

アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる

アフガンセンソウヲケンポウキュウジョウトヒブソウジエイタイデオワラセル

著 者
ISBN
978-4-7803-0326-1 C0031
判 型
四六判
ページ数
148頁
発行年月日
2010年02月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

伊勢崎賢治氏はこの2年間、米政権のアフガン・チームともカルザイ大統領とも、パキスタンの裏の権力者とも、そしてタリバン幹部とも、戦争終結のシナリオを協議してきた。そして外務省の協力を得て、東京和平会議を年末に開催し、日本政府に提言を行った。
岡田外相は真剣に受けとめると表明。9条をもつ国にふさわしく、戦争の根源である貧困をなくすとともに、憲法にそって自衛隊を非武装で派遣し、紛争当事者ににらみをきかせる構想だ。
戦後はじめて、日本が国際紛争を終わらせられるか。憲法にふさわしい国になれるか。この提言の内容と背景を、全面的に解き明かしたのが本書である。

目次

第一章
アフガニスタンの現状とオバマ戦略
第二章
和解とは何か、日本にそれができるか
第三章
支え合う安全保障に向けて
第四章
国境プロジェクトをひっさげて
第五章
「11・23東京会議」とその合意の意味
第六章
なぜ非武装自衛隊を派遣するのか

著者プロフィール

伊勢崎 賢治 イセザキケンジ

東チモールで県知事として国連平和維持軍(PKO)を統括(2000年〜)
シェラネオネでPKO武装解除部長として5万人から武器取り上げ(2001年〜)
アフガニスタンで日本政府代表として6万余人を武装解除(2003年〜)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍