「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

自衛隊の国際貢献は憲法九条で

自衛隊の国際貢献は憲法九条で

国連平和維持軍を統括した男の結論

ジエイタイノコクサイコウケンハケンポウキュウジョウデ

著 者
ISBN
978-4-7803-0154-0 C0031
判 型
四六判
ページ数
160頁
発行年月日
2008年03月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

著者は、11万余の軍人・ゲリラと対峙し、その武器を取り上げてきた。
「なぜ武装勢力は自分の説得を受け入れたのか」。それは、憲法九条をもつ日本の代表だったからだと、著者は気づくことになる。日本人には、九条のもとで暮らしてきた平和のにおいがあるのだ。
それまでは憲法改正が必要だと思っていた。だが、国際貢献のためにこそ、九条が不可欠だったのだ。

目次

第一章
国連平和維持軍を統括する
第二章
武装勢力から武器を取り上げる
第三章
憲法九条は日本外交の資産だ
第四章
財政面での貢献も憲法九条で
第五章
自衛隊の平和利用をめぐって
第六章
九条でアフガニスタン問題に挑む
資 料
衆議院テロ特別委員会における証言と質疑

著者プロフィール

伊勢崎 賢治 イセザキケンジ

東チモールで県知事として国連平和維持軍(PKO)を統括(2000年〜)
シェラネオネでPKO武装解除部長として5万人から武器取り上げ(2001年〜)
アフガニスタンで日本政府代表として6万余人を武装解除(2003年〜)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

関連情報

朝日新聞[2008年5月18日]に紹介