「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

学童保育実践入門

学童保育実践入門

かかわりとふり返りを深める

ガクドウホイクジッセンニュウモン

著 者
ISBN
978-4-7803-0571-5 C0037
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2012年10月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

「学童保育実践ってなに?」
「学童保育指導員の専門性ってなに?」
学童保育の世界に飛び込んだ「新人指導員」が日々出会う悩み・・・子どもとの関わりや保護者とのかかわり、同僚との実践の交流やふり返りは、どうすれば充実したものになり、明日の実践に活かす力となれるのか。
偶然の出会いから学童保育の世界へ飛び込み、その魅力に引き込まれながらも、学童保育指導員固有の難しさに頭を打ちを続けてきた著者が、経験と実践を踏まえた研究活動・学童保育運動から見出した回答が本書にある。

目次

1章
学童保育実践とはなにか
2章
放課後という場と学童という対象
3章
集団づくりとしての学童保育実践
4章
学童保育実践の質を高めるために
5章
学童保育実践を協働するために

著者プロフィール

中山 芳一 ナカヤマヨシカズ

1976年岡山市生まれ。岡山大学キャリア開発センターに在職。
約9年間の学童保育指導員経験をふまえて、保育実践およびキャリア教育に関する研究をすすめている。(特非)日本放課後児童指導員協会副理事長、岡山県学童保育連絡協議会事務局長など、学童保育に関する団体・NPOに所属し、実践と研究と運動の三位一体による学童保育の社会的認知の向上を目指す。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

山陽新聞
[2013年5月13日]に紹介

山陽新聞 [2013年5月13日]に紹介