「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

わくわくサイコロゲーム 音(音韻)編

わくわくサイコロゲーム 音(音韻)編

読む・書く・話すの基礎を育てる

ワクワクサイコロゲームオトオンインヘン

編著者
ISBN
978-4-7803-1108-2 C8037
判 型
B5判
発行年月日
2020年09月 
価 格
定価(本体価格3,500円+税)
ジャンル

内容

 この教材のねらい 
ひらがなが読めたり、書けたりできるようになるためには、『音の粒つぶが文字と対応している』ことがわかっていることが大切です。この対応を「音韻認識」と言います。読み書きが苦手な子の多くはこの音の粒に気づきにくく、そのために「ふうせん」を「ふせん」、「おにごっこ」を「おにごこ」と書いてしまったりします。
この教材では、サイコロとすごろくあそびを通して音の粒に敏感になることをめざします。

○対象年齢:
5歳〜小学生ぐらい
○人  数:
2〜4人
○対  象:
読み書きが苦手な子、音韻認識が苦手な子(例:「ふうせん」→「ふせん」/「おにごっこ」→「おにごこ」など
○実施時間:
10~20分前後(人数や全員がゴールするまで続けるかなどにより、かわります)

 特徴 

サイコロは6種類(A〜F)あり、各面に描かれているイラストのことば(単語)の音すべてを合わせると、ほぼ50音の全部(の、は、る、を以外)になります。
サイコロ6種類は、A(清音のみ)、B(清音+濁音)のように、ひらがなを習う順番[清音→濁音→半濁音→長音→促音→拗長音]に合わせてあり、子どもの実態に合わせて、サイコロを選べます。
白紙サイコロで子どもに合わせたオリジナルなことばも作成可能です。
サイコロとすごろく、シート、スペシャルカード(A、B)の組み合わせを変えると、何通りも楽しめ、子どもの実態に合わせて使えます。

箱の中に入っているもの

解説書[A5 判/16ページ]
すごろく用紙(B4):シンプルすごろく・ジャングルぼうけんすごろく
イラストサイコロ7個A〜F+白紙サイコロ(組立式/1辺70mm)
あいうえお表1枚(B4)
陣取りシート、音わけ対戦シート1枚(B4・両面)
スペシャルカード 合計26枚 A(14枚)、B(10枚)、白紙カード(2枚)

その他用意するもの

すごろくを使う場合:駒(消しゴムなどでもよい)
陣取りシート、または音わけ対戦記録シートを使う場合:鉛筆、色鉛筆、ドットシール

あそび方

著者プロフィール

LD発達相談センターかながわ LDハッタツソウダンセンターカナガワ

LD発達相談センターは、平成10年4月にLDやADHD、高機能自閉症やアスペルガー障害など、障害の程度は軽微であっても、周囲の適切な理解と対応が必要な方達を主な対象として開設されました。

関連情報

現在はありません