「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

居酒屋の加藤周一 1・2合本

居酒屋の加藤周一 1・2合本

イザカヤノカトウシュウイチ1・2ガッポン

著 者
ISBN
978-4-7803-0292-9 C0095
判 型
A5判
ページ数
350頁
発行年月日
2009年06月 
価 格
定価(本体価格2,800円+税)
ジャンル

内容

11夜の記録を1冊に!
1992年春、人文書のベストセラーとなった衝撃の書。[知の巨人]加藤周一が京都の居酒屋でビール片手に語った政治・文化・社会。11夜の記録を1冊にしました。加藤周一は預言者ではない。しかし、本書で扱われている1990年前後のどの出来事についても例外なく評価が古くないのだ。[いまこそ旬]であることに改めて驚かされる。事実を曖昧にしない態度は。

目次

第1部
ワーグナーとドイツ/ドイツと日本ー戦争責任をめぐって/スポーツ四方山話/日本にの近代化と豆腐/ロシア革命を考える など
第2部
オリンピック考/内田義彦の仕事/カラ出張/日本の労働者よ、ストを/ランボー百年忌に など

編集者のコメント

2008年12月、帰らぬ人となった加藤周一先生に本書をささげる。
私たちが、先生を囲み、議論を愉しんだように読者にも本を通じて愉しんでいただきたい。

著者プロフィール

加藤 周一 カトウシュウイチ

1919年9月19日、東京に生まれる。東京帝国大学医学部で血液学を専攻。医学博士。幼少から読書に親しみ、フランス文学や日本古典文学に深い関心を寄せる。
戦後、留学生として渡仏し、医学研究のかたわら西欧各国の文学を摂取したことが、日本文学の特徴を考えるきっかけとなる。
カナダ、ドイツ、スイス、アメリカ、イギリス、イタリアなどの大学や、上智大学、立命館大学で教鞭を執る。

[白沙会]について

加藤周一氏を囲む20人ほどのメンバーでの[勉強会]
司会者は井上吉郎

関連情報

現在はありません