「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

加藤周一講演集 別巻

加藤周一講演集 別巻

加藤周一 戦後を語る

カトウシュウイチコウエンシュウベッカン

著 者
ISBN
978-4-7803-0286-8 C0336
判 型
四六判上製
ページ数
416頁
発行年月日
2009年06月 
価 格
定価(本体価格3,200円+税)
ジャンル

内容

明晰でユーモアを交えた加藤周一氏の講演。もはや再びその魅力的な語りが聞けなくなった今、これは貴重な記録である。戦後を代表する知識人が縦横に語る「肉声」を再現した待望の書です。
本書は、[かもがわブックレット]として刊行された加藤周一氏の講演九遍を集成し、未刊行の一遍を増補したものです。絶版となっているものも含めまれていますので永久保存版です。

目次

ある晴れた日の出来事ー12月8日と8月15日と
戦後世代の戦争責任
転換期 今と昔ー若い人たちへ
第二の戦前・今日
現代世界を読む
世界の50年と日本の進路
どうなる世界 どうする日本ー9月11日のかなた
憲法は押しつけられたか
九条と日中韓
私たちの希望はどこにあるか

読者の声

投稿者:男性 82歳

評価: ☆☆☆
知の巨人と言われるだけ、内容はとても充実。9条も守るべきと。「右寄り」の総理、大衆心理についてどう思われたのか聞いてみたい。

著者プロフィール

加藤 周一 カトウシュウイチ

1919年9月19日、東京に生まれる。東京帝国大学医学部で血液学を専攻。医学博士。幼少から読書に親しみ、フランス文学や日本古典文学に深い関心を寄せる。
戦後、留学生として渡仏し、医学研究のかたわら西欧各国の文学を摂取したことが、日本文学の特徴を考えるきっかけとなる。
カナダ、ドイツ、スイス、アメリカ、イギリス、イタリアなどの大学や、上智大学、立命館大学で教鞭を執る。

[白沙会]について

加藤周一氏を囲む20人ほどのメンバーでの[勉強会]
司会者は井上吉郎

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません