「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

どう拓く日中関係

どう拓く日中関係

かもがわブックレット 159
政令経熱の現状と「文温」の可能性

ドウヒラクニッチュウカンケイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0043-7 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2006年07月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

2006年1月22日、大阪国際会議場で開かれたシンポジウム「日中関係の発展に文化は何ができるかー政冷経熱の現状と『文温』の可能性」の記録。靖国参拝などで冷え込む両国関係を、長い歴史の中で培われてきた文化という「温もり」から改善できないか

目次

言葉は日中の共有資産
第1部
四人のパネリストによる提言

日中関係の現状と背景(加藤周一)

混成文化の昇華を(王敏)

日中交流史に学ぶ(王暁平)

激動の中国をどう伝えるか(加藤千洋)
第2部
パネルディスカッション

著者プロフィール

加藤 周一 カトウシュウイチ

1919年9月19日、東京に生まれる。東京帝国大学医学部で血液学を専攻。医学博士。幼少から読書に親しみ、フランス文学や日本古典文学に深い関心を寄せる。
戦後、留学生として渡仏し、医学研究のかたわら西欧各国の文学を摂取したことが、日本文学の特徴を考えるきっかけとなる。
カナダ、ドイツ、スイス、アメリカ、イギリス、イタリアなどの大学や、上智大学、立命館大学で教鞭を執る。

王 敏 ワンミン

1954年中国河北省出身。法政大学国際日本学研究センター教授。中国・四川外国語学院講師、82年に国費留学生として宮城教育大学に。89年、法政大学社会学部講師を経て東京成徳大学教授。朝日新聞アジアネットワーク(AAN)客員研究員も務めた。

王 暁平 ワンシャオピン

1947年中国四川省出身。内蒙古師範大学大学院卒業、天津師範大学中国文学学部教授を経て、帝塚山学院大学人間文化学部教授、同大学院人間学研究科教授。

加藤 千洋 カトウチヒロ

1947年生まれ。東京外国語大学卒。72年、朝日新聞入社、AERA編集部記者、論説委員、アジア総局長、北京総局長などを経て、02年から編集委員。04年からテレビ朝日系「報道ステーション」コメンテーター。中国報道でボーン上田賞受賞。

関連書籍

現在はありません

関連情報

現在はありません