「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

私にとっての加藤周一

私にとっての加藤周一

ワタシニトッテノカトウシュウイチ

著 者
ISBN
978-4-7803-0319-3 C0095
判 型
A5判
ページ数
80頁
発行年月日
2009年12月 
価 格
定価(本体価格800円+税)
ジャンル

内容

没1周年 追悼出版
没後1周年、28人が加藤周一とのそれぞれの出会いと忘れ得ぬ思い出を綴る。知られざる素顔が初めて浮き彫りに。

目次

第1部
加藤周一氏からの二通の手紙
加藤周一のあたたかい手
バンクーバー九条の会と加藤氏
ムッシュ・カトーに敬意と感謝
知識のフーガ、話術のソナタ
美しい時間を愉しもう
一葉の写真ー驚きから憧れへ
気高さと叙情と
ギョロリの眼
教え子のひとりとして
加藤史観に惚れて
ほか
第2部
白沙会会員から
加藤先生と白沙会、そして映画
加藤周一の豆腐
白沙会で得たもの
記録係として
最高の激励の言葉
ある脚注のショック
四年間、通った授業
加藤周一、高校生と語るの舞台裏
居酒屋の加藤周一2刊行秘話
加藤先生とアヴァンギャルド
加藤周一という夢
ほか
資料
白沙会年表(1989〜2008)

はじめに


みんな加藤さんに会いたいと思う。会って、文学や絵画を擁護するときのあの抑揚を、おもむろに煙草をふかし、権威や不条理に対して啖呵を切るときのあのドスを、破顔一笑を、そんな会話の名手ぶりをもう一度目にしたいと思っている。—それはもうかなわないことだけれど、この本を開けば、知らなかった加藤さんと会える。寄せられた文章には、思い出や喪失感だけでなく、自分のいる場所で、自分のしかたで、加藤さんの志を継いでいきたいという決意さえうかがえる。加藤さんの人柄と情熱がその人をして書かしめたにちがいない。
 それぞれの思い出のなかに加藤さんは生きている。この冊子が加藤周一の全体像をとらえていないとしても、ここに書かれていることは真実である。わたしたちの胸に灯っている加藤さんへの想いが読者に伝わり、読者もまた「私にとっての加藤周一」を心に思い描いていただければ幸いである。

著者プロフィール

加藤 周一 カトウシュウイチ

1919年9月19日、東京に生まれる。東京帝国大学医学部で血液学を専攻。医学博士。幼少から読書に親しみ、フランス文学や日本古典文学に深い関心を寄せる。
戦後、留学生として渡仏し、医学研究のかたわら西欧各国の文学を摂取したことが、日本文学の特徴を考えるきっかけとなる。
カナダ、ドイツ、スイス、アメリカ、イギリス、イタリアなどの大学や、上智大学、立命館大学で教鞭を執る。

[白沙会]について

加藤周一氏を囲む20人ほどのメンバーでの[勉強会]
司会者は井上吉郎

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません