「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

沖縄とヤマト

沖縄とヤマト

「縁の糸」をつなぎ直すために

オキナワトヤマト

編著者
ISBN
978-4-7803-0536-4 C0036
判 型
四六判
ページ数
264頁
発行年月日
2012年05月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

沖縄の復帰・返還を徹底検証
日本人は、辺境に原発を押しつけて「偽りの豊かさ」を享受し、沖縄に米軍基地を押しつけて「偽りの平和」を享受してきた。ー沖縄の多数はヤマトの少数派が結べば、沖縄は変えられる!
民衆の力に依拠すれば変えられる
証言者:新崎盛暉・伊波洋一・石川真生・我部政明

目次

グラビア
基地を取り巻く人々
3.11と沖縄
二つの差別構造
沖縄の証言
1
戦後民衆史から見る沖縄
2
普天間は日米安保を映す鏡
3
写真に見る沖縄人、日本人
4
アジア共同体の要、沖縄
沖縄、日本、アジアのこれから

著者プロフィール

小森 陽一 コモリヨウイチ

1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

沖縄タイムズ
[2012年8月4日]に紹介

沖縄タイムズ [2012年8月4日]に紹介