「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

あきらめることをあきらめた

あきらめることをあきらめた

戦後71年目のデモクラシー

アキラメルコトヲアキラメタ

著 者
ISBN
978-4-7803-0829-7 C0036
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2016年4月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

安保法制反対運動は、憲法と立憲主義の再認識を迫り、デモクラシーと政治参加の新たな地平を切り開いた。この教訓を明らかにし、国民的な共同で安倍政治の転換を目指す、若者・母親・学者など当事者による臨場感あふれる新発想トーク。

目次

カラーグラビア
2015年安保闘争-私たちの挑戦
しる・うごく・つながる-日常の中から民主主義をたぐりよせる
あきらめない立憲・民主・平和主義-トークを終えて

読者の声

投稿者:男性 68歳 自営業

評価: ☆☆☆☆
安保法制=戦争法反対の2015年の過程、あゆみ、教訓がイキイキと語られていて、いっきに読みました。いい本の発行ありがとうございました。

著者プロフィール

小森 陽一 コモリヨウイチ

1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。

黒澤 いつき クロサワイツキ

明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)共同代表、元弁護士(62期、2児の育児に専念するため休業中)

元山 仁士郎 モトヤマジンシロウ

SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)及びSEALDsRYUKYU立ち上げ/中心メンバー、沖縄・ゆんたくるー呼びかけ人代表、国際基督教大学教養学部在学中

西郷 南海子 サイゴウミナコ

安保関連法に反対するママの会発起人、京都大学大学院教育研究科博士後期課程、日本学術振興会特別研究員、3児の母親。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

しんぶん赤旗
[2016年6月12日]に紹介

しんぶん赤旗 [2016年6月12日]に紹介

しんぶん赤旗
[2016年5月15日]に紹介

しんぶん赤旗 [2016年5月15日]に紹介