「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

感染症の時代と夏目漱石の文学

感染症の時代と夏目漱石の文学

カンセンショウジダイトナツメソウセキノブンガク

著 者
ISBN
978-4-7803-1188-4 C0095
判 型
四六判
ページ数
152頁
発行年月日
2021年09月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

漱石の写真はなぜ、右向きなのか?
感染症の時代の漱石は、天然痘によるアバタを持つ
その劣等感を抱きながら、日本の近代化と向き合った
漱石の葛藤と時代感が色濃く影を落とす作品の特質を、コロナ禍の下、今改めて読み解き、考える。

もくじ

第Ⅰ章
『吾輩は猫である』『道草』
苦沙弥先生は天然痘による痘痕を気にしている。漱石の文学の出発点は感染症にあった。
第Ⅱ章
『三四郎』
大日本帝国の感染症研究が軍と結びついてゆく過程が、同時代の読者に正確に伝えられていく。
第Ⅲ章
『それから』
主人公が好きだった薄幸な女性と、その夫である友人の運命は、腸チフスに関わっていた。
第Ⅳ章
『門』
主人公夫人の友人への裏切りの過去を遡り、インフルエンザが運命を左右したことが明らかにされる。

著者プロフィール

小森 陽一 コモリヨウイチ

1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。

関連情報

現在はありません