「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

安倍改憲の野望 増補版

安倍改憲の野望 増補版

この国はどこへ行くのか

アベカイケンノヤボウ ゾウホバン

著 者
ISBN
978-4-7803-0717-7 C0031
判 型
四六判
ページ数
172頁
発行年月日
2014年08月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

集団的自衛権の閣議決定に伴い、2013年10月に刊行された前著に、新たな問題点を補筆して増頁、『増補版』として改めて世に問う!
自民党憲法草案は孤立と亡国の道だ。96条と立憲主義、集団的自衛権の閣議決定…96条の会代表と9条の会よびかけ人が徹底討論。

目次

1
憲法九十六条と立憲主義
2
集団安全保障と集団的自衛権

読者の声

投稿者:55歳 男性 公務員

評価: ☆☆☆
安倍が靖国神社を参拝するなど、日本国憲法を全く無視(というか、彼は憲法はそもそもどの様なものか、理解するような頭脳を持ち合わせていない)するような動きの中で、全人類の知恵の結晶である日本国憲法を守っていくために、自分がどの様に活動していくか、大変参考になりました。愚直に活動するのみです。

投稿者:83歳 男性

評価: ☆☆☆
これ程レベルが高く、トーンが一貫している鼎談は読んだことがありません、「9条の会」を8年やっていて、強の状況にぶつかりました。お三人から与えられた地検を励みに頑張ります。

投稿者:49歳 男性

評価: ☆☆☆
p11の樋口氏の発言の冒頭で、この野望の主がどのような者であるか、はっきり指摘されているのが印象的でした。後半で改憲はアジア諸国との関係抜きにはかんがえられないことが語られていますが、そこで、「日本国憲法は国際公約である」との加藤周一氏の言葉が思い出されました。おもしろい本だと思います。

著者プロフィール

樋口 陽一 ヒグチヨウイチ

東京大学名誉教授、日本学士院会員、「九十六条の会」代表。

奥平 康弘 オクダイラヤスヒロ

憲法学者、エッセイスト、東京大学名誉教授、九条の会よびかけ人

小森 陽一 コモリヨウイチ

1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません