「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

疑うこころ、科学する眼

疑うこころ、科学する眼

安斎育郎のビビビッときた話

ウタガウココロ、カガクスルメ

著 者
ISBN
978-4-7803-0790-0 C0036
判 型
四六判
ページ数
240頁
発行年月日
2015年09月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

好奇心のススメ!
ジェネラリスト(何でも屋)の科学的エッセイ集。
騙しと霊からカラオケ歌詞、安倍政権まで、爽快な社会批判、遊び心一杯の30話。

目次

一〇〇回目を科学する
騙しと霊を科学する
文化・芸術を科学する
カラオケ歌詞を科学する
原発と平和を科学する

はじめにから

最寄りのJR宇治駅のホーム下に見つけた「花キャベツ」のような堆積物から地球環境問題に想いを馳せたり、「15」という数字に触発されて種田山頭火の人生模様に遊んだり、あるいは、軍歌『月月火水木金金』から「一週間は何曜日から始まるか」を論じたり、「ロボット」と「3Dプリンター」と「認知症」から北大路魯山人論を展開したり、思考と連想の赴くままに書きつけたエッセイ集なので、「系統性」には乏しいことは百も承知だが、われながら「面白いなあ」と感じたりもする。

著者プロフィール

安斎 育郎 アンザイイクロウ

1940年、東京生まれ。東京大工学部原子力工学科卒業。工業博士。
現在、立命館大学国際関係学部教授、同大学国際平和ミュージアム館長、Japan Skeptics会長、日本平和学会理事、原爆忌全国俳句大会実行委員長なども務める。手品のテクニックを使って不思議な現象を再現する講演・講義が人気を博す。 (2005年6月現在)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません