「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

それでも、さくらはここに咲く

それでも、さくらは咲く

福島・渡利 あの日から保育をつくる

ソレデモ、サクラハサク

編著者
ISBN
978-4-7803-0718-4 C0037
判 型
A5判
ページ数
176頁
発行年月日
2014年08月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

放射能災害のまっただ中でたたかう保育園の感動と笑顔あふれる記録
放射能に負けない保育の源は、保護者との共同。苦しみと不安の中から絞り出した実践は科学に基づき創意に満ちる。感動と希望の記録。
子どもたちを放射能から守ること、子ども時代に不可欠なゆたかな体験を保障すること。保護者と保育者が共同でつくる放射能に「負けない」保育。

目次

刊行にあたって
あらためて、保育の原点を問う
1
そのとき、そして、今ー被災3年間のあゆみ
2
そのとき、保育は・子どもたちは
3
ここで生きる仲間として
4
放射能被害から子どもを守る研究と実践ーさくら保育園とともに取り組んで
5
放射能から守り、子ども時代を取り戻すー放射能災害とのたたかいの記録として

読者の声

投稿者:49歳 男性 教員

評価: ☆☆☆
震災から3年がたち、報道で取り上げられることが少なくなっています。意識的に福島、原発事故について考え、捉えていく必要があります。さくら保育園の子どもたち、保護者の苦悩、実践を学ぶことができて嬉しく思いました。教員として、教室でなにができるかを考えさせられます。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

保育通信■No.723に紹介

保育通信■No.723に紹介

朝日新聞[2014年9月8日]に紹介

朝日新聞[2014年9月8日]に紹介