「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

私の反原発人生と「福島プロジェクト」の足跡

私の反原発人生と「福島プロジェクト」の足跡

ワタシノハンゲンパツジンセイトフクシマプロジェクトノソクセキ

著 者
ISBN
978-4-7803-1150-1 C0036
判 型
四六判
ページ数
200頁
発行年月日
2021年03月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

岐路に立つ 日本の原発政策
原発事故から福島通い10年間、放射線調査と復興計画を提言。
国・電力会社から危険人物扱いされるも、反原発を貫いた反骨の人生を語る。

目次

はじめに
1
関西電力見学拒否事件
2
「危険人物」安斎育郎のルーツ
3
そして、あの日
4
2012 ー放射能汚染をどう見るか
5
「福島プロジェクト・チーム」の立ち上げと活動
6
「虫の目」と「鳥の目」
あとがき

著者プロフィール

安斎 育郎 アンザイイクロウ

1940年、東京生まれ。東京大工学部原子力工学科卒業。工業博士。
現在、立命館大学国際関係学部教授、同大学国際平和ミュージアム館長、Japan Skeptics会長、日本平和学会理事、原爆忌全国俳句大会実行委員長なども務める。手品のテクニックを使って不思議な現象を再現する講演・講義が人気を博す。 (2005年6月現在)

関連情報

現在はありません