「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

宗教者と科学者のとっておき対話

宗教者と科学者のとっておき対話

人のいのちと価値観をめぐって

シュウキョウシャトカガクシャノトッテオキタイワ

著 者
ISBN
978-4-7803-1072-6 C0095
判 型
四六判上製
ページ数
144頁
発行年月日
2020年02月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

各所にちりばめられた珠玉の名言
有馬頼底師(臨済宗相国寺派管長、金閣寺・銀閣寺住職、87歳)と安斎育郎(立命館大学平和ミュージアム名誉館長、80歳)の対談を1冊に収録した。
〝物言う禅僧〟とも言われる臨済宗の長老と、多彩な興味と思索が尽きない科学者の織りなす対話は、宗教者・科学者となるに至った経緯に始まり、今日の社会に生起する諸問題から、日本国憲法と平和の問題まで多岐にわたり、人生観と価値観についての深い洞察に満ちたものとなった。それぞれの信念に基づく名言がちりばめられている。

もくじ

はじめに
第一章
禅僧になったのは 叩かれて悟った臨済禅の教え
第二章
老いをどう生きるか 空っぽになることこそ自由の秘訣
第三章
福島原発事故をめぐって 命を大切にする「不殺生戒」
第四章
先の戦争と日朝外交 話し合いにしか解決の道はない
第五章
今時の日本の社会と文化 孤独をなくす人と人のつながりを
第六章
科学と宗教の持分 人の人生観と価値観をめぐって
第七章
平和と日本国憲法について 声を上げるべき時代になった
対談を終えて

著者プロフィール

有馬 頼底 アリマライテイ

現代日本の仏教界を代表する禅僧。
臨済宗相国寺派館長、金閣寺・金閣寺住職。京都仏教会理事長、「宗教者九条の和」呼びかけ人。久留米藩藩主有馬家(赤松氏)の子孫。

安斎 育郎 アンザイイクロウ

立命館大学名誉教授、立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長。東京大学工学部卒業、工学博士。専門は、放射線防護学、平和学。「九条科学者の会」呼びかけ人。日本科学者会議代表幹事などを歴任、久保医療文化賞、日本平和学会平和賞などを受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません