辺野古に替わる豊かな選択肢

「米軍基地問題に関する万国津梁会議」の提言を読む

著 者

柳澤 協二・山崎 拓・野添 文彬

山本 章子・元山 仁士郎・玉城 デニー

ISBN

978-4-7803-1111-2 C0036

判 型

四六判

ページ数

160頁

発行年月日

2020年09月

価 格

定価(本体価格1,300円+税)

ジャンル

政治・社会・労働

※紙書籍のご購入はこちらから↓

政府も受け入れ可能!
普天間基地の辺野古移設が計画されてもうすぐ25年。地盤の問題が見つかり、あと12年と1兆円をかけても完成は見通せない。その上、海兵隊は戦略を見直し、固定化した基地ではなく分散型を求めている。この変化した状況下で、日米両政府にも沖縄にも受け入れ可能な新たな提言が。関係者がその中身と意味を明らかにする。

柳澤 協二
東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、国際地政学研究所副理事長

山崎 拓
1936 年生まれ。早稲田大学第一商学部卒業。72年に衆議院議員に初当選。当選12回。防衛庁長官、建設大臣、自民党政調会長、幹事長、副総裁などを歴任。2013年近未来政治研究会最高顧問に就任。

野添 文彬
1984年滋賀県生まれ。一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、沖縄国際大学准教授、博士(法学)

山本 章子
1979年北海道生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、琉球大学准教授、博士(社会学)。

元山 仁士郎
1991年、沖縄県宜野湾市生まれ。一橋大学社会学研究科修士課程修了。現在、同大学法学研究科博士課程。「辺野古」県民投票の会元代表。2019年1月には県民投票の実施を求めるハンガーストライキを実行。

〈インタビュイー〉
玉城 デニー
1959年沖縄県与那城村(現・うるま市)生まれ。上智社会福祉専門学校卒業。ラジオのパーソナリティとして活動した後、沖縄市議会議員、衆議院議員(4期)を経て、2018年10月より沖縄県知事。

関連書籍・記事

9.11から20年 人類は教訓を手に入れたのか

9.11から20年 人類は教訓を手に入れたのか

官僚の本分

官僚の本分

抑止力神話の先へ
抑止力神話の先へ
激変の北東アジア 日本の新国家戦略

激変の北東アジア 日本の新国家戦略

自衛官の使命と苦悩

自衛官の使命と苦悩

米朝首脳会談後の世界

米朝首脳会談後の世界

憲法カフェで語ろう 9条・自衛隊・加憲

憲法カフェで語ろう 9条・自衛隊・加憲

あきらめることをあきらめた

あきらめることをあきらめた