「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子どもの達成感を大切にする通級の指導

子どもの達成感を大切にする通級の指導

アセスメントからつくる指導のテクニックと教材

コドモノタッセイカンヲタイセツニスルツウキュウノシドウ

著 者
ISBN
978-4-7803-1046-7 C0037
判 型
A5判
ページ数
112頁
発行年月日
2019年09月
価 格
定価(本体価格1,300円+税)
ジャンル

内容

校内研修の進め方など通級指導教室を20年担当した著者がノウハウを伝授。
全国各地に通級指導教室が設置され、中学校でも設置が進んでいます。しかし現状は、どのように指導すればよいか、個別の指導計画の立て方がわからない、具体的にはどのようにすればよいのかなど、誰に聞いたらよいかと困っている先生も多いのが実情です。そこで、約20年通級指導教室担当として指導してきた著者が、アセスメントの重要性や場面による褒め方など、通級指導教室で培ってきたノウハウのすべてを伝えます。

目次

Part 1 アセスメントからはじまる具体的支援
 1 通級指導教室への誤解
  コラム 指の力を鍛えよう
 2 アセスメントの重要性
  ●通級指導教室でのアセスメントの重要性
  コラム教材紹介1 運筆練習(くるくるまる)/教材紹介2 筆圧トレーニング(光るペン)
 3 子どもがよろこぶ通級指導教室
  ●「来てよかった!」と思える通級指導教室をどうつくるか
  ●トレーニングは達成感が出やすい
  ●他の子どもの理解も必要
  コラムみんな違って、みんないい!
 4 通級指導教室の指導の実際
  ●子どもが成長する通級指導教室の実践が必要
  ●個別指導か複数指導か
  ●指導のメニュー
  ●方略が大切
  ●教材の使い方(方略指導)と選び方
  ●言語を育てる
Part 2 手をつなぐ通級指導教室と通常の学級
 1 通級指導教室と通常の学級との連携
  ●通級の子どもたちは通常の学級在籍
  ●合理的配慮と通級指導教室
  ●通級指導教室と通常の学級の役割分担と連携
  ●連携の具体的なすすめ方
  ●通級終了の判断と通常の学級との連携
 2 学校全体での理解
  ●学校全体での理解が重要
  ●設置校での理解・研修のすすめ方
  ●他校通級校での理解・研修のすすめ方
  コラム俺ルールの子どもたちにどう対応するか
 3 アセスメントができる通級指導教室
  ●地域のセンターとしての通級の役割
[資料]

「漢字が覚えられない子」のアセスメント

漢字のテスト、連絡帳、ノート、作文など子どもが書いたものを用意。
どのような漢字の間違い方をしているか。
この時「一番多い」「一番少ない」「線が飛び出てる」「線が出ていない」「反対向きにはねてる」「点の数があわない」などをたくさん間違えていることが多ければ、③のような確かめをおこないます。
白い紙に鉛筆で具体物(筆箱、鉛筆、積木でつくった立体など)のデッサンをさせる。
漢字の細かいところをよく間違える子どもに絵を描かせると、よくあるのが「形が取れない」ことです。これでおおよそその見当がたちます。子どもの漢字の指導で、形の見にくさ、細かいところのとらえにくさにどのように対応するかという指導の計画が必要になります。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません