「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

米原万里を語る

米原万里を語る

ヨネハラマリヲカタル

著 者
ISBN
978-4-7803-0279-0 C0095
判 型
四六判
ページ数
192頁
発行年月日
2009年05月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル


内容

米原万里万華鏡
あのさわやかな毒舌は、ことばの奇想天外さは、どこから生まれたのか? 作家米原万里の没後3周年。実姉井上ユリと、小森陽一、井上ひさし、吉岡忍、金平茂紀の義兄弟が、その類い稀なる魅力を、愛をこめて語る。

目次

まえがき
米原万里の兄弟たち
第一章
作家米原万里はどのようにして生まれ育ったのか
第二章
日本人ばなれした発想の持ち主
第三章
爽やかな毒舌の人
第四章
怒りを笑いに変える天才
あとがき
米原万里から引き継ぐこと

カラーグラビア

執筆者からメッセージ

井上ひさし
日本を批判しながら日本を愛した複眼の持ち主
吉岡忍
つらい過去を背負った人間の瞬間の輝きを描く
金平茂紀
元気をもらえる、さわやかな毒舌の人
小森陽一
怒りを笑いに変える、ことばの奇想天外さ
井上ユリ
ユリだって、こんなに万里のことを自慢しているよ

著者プロフィール

井上 ユリ イノウエユリ

米原万里の実妹。ベニスで料理を研修し、イタリア料理教室主宰。

小森 陽一 コモリヨウイチ

1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。

関連書籍

現在はありません

関連情報

現在はありません