「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「いじめ防止対策」と子どもの権利

「いじめ防止対策」と子どもの権利

いのちをまもる学校づくりをあきらめない

イジメボウシタイサクトコドモノケンリ

著 者
鈴木 庸裕住友 剛・桝屋 二郎
ISBN
978-4-7803-1075-7 C0037
判 型
四六判
ページ数
208頁
発行年月日
2020年02月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

重大事態が起こってしまうまで、誰も、何も、できないのだろうか?
いじめ防止対策推進法施行後も、全国で続くいじめによる自殺などの重大事態。被害者救済や第三者委員会のあり方は、いじめのない学校づくりはどうすれば可能か、精神科医・養護教諭・弁護士・SSW・研究者らが協同で探究する。

編集者のコメント

子どもの自殺などの重大事態が起こるまで、子どもたちの変化にまわりのおとなが気づかないのはどういうことなのでしょうか。「チーム学校」や「いじめ防止対策推進法」「学校ハラスメント批判」などをスローガンに留めない地道な「いじめ対策」の一助となることを願いまとめた一冊です。

著者プロフィール

鈴木 庸裕 スズキノブヒロ

日本福祉大学教授。子どもの生活指導研究から、学校の社会的な機能に着目し、スクールソーシャルワークの研究とワーカーの養成に携わっている。

住友 剛 スミトモツヨシ

京都精華大学総合人文学科センター長。 兵庫県川西市の子どもの人権オンブズパーソン調査相談専門員を経て同学へ。学校での事故・事件・災害や、学校生活になじみづらい子どもたちへの支援のあり方を中心に、子ども観と社会構造、制度・政策との関係を問い直す研究をしている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません