「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

福島の子どもたち

福島の子どもたち

おとなに何ができたのか

フクシマノコドモタチ

著 者
ISBN
978-4-7803-1138-9 C0036
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2021年02月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

3・11 から、これからの社会を考えるために
大震災、原発事故から10年。
当事者としての子どもの存在が見えていますか。
子どもたちに寄りそってきた学校、保育園、学童、地域子育て、児童福祉、障がい児支援の現場スタッフたちによる手記、支援者を育てる立場で関わる専門家の論考、今はおとなになった震災当時の子どもたちの振り返りで構成。

目次

第1 章
おとなは子どもたちを支えることができたのか
第2章
子どもの声を聴き、子どもの力を引き出すために
第3 章
これからの支援者、専門家の役割を考える
第4 章
子どもだったわたしたちはおとなをどう見ていたか

著者プロフィール

鈴木 庸裕 スズキノブヒロ

日本福祉大学教授。子どもの生活指導研究から、学校の社会的な機能に着目し、スクールソーシャルワークの研究とワーカーの養成に携わっている。

関連情報

現在はありません