「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子どもへの気づきがつなぐ「チーム学校」

子どもへの気づきがつなぐ「チーム学校」

スクールソーシャルワークの視点から

コドモヘノキヅキガツナグ「チームガッコウ」

著 者
ISBN
978-4-7803-0850-1 C0037
判 型
B5判
ページ数
112頁
発行年月日
2016年08月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

「この子のこと、放っておけない」と気づいたとき、「気づき」をつなぐことも、専門職としてのチカラです。
いじめ・不登校・学校事故・貧困・教師のメンタルヘルスなど、さまざまな問題に教職員とスクールソーシャルワーカー・スクールカウンセラーなどが協働して、地域で子どもの支援にかかわるおとなたちとつながりながら、「チーム学校」が解決のためにできること、その可能性をあきらかにします。

目次

第1章
チーム学校とはなにか―専門性と協働の世界
第2章
人と人とをつなぐ専門性―相手の気づきに働きかける秘訣
第3章
学校でのいじめ・自死・事故の問題が「チーム学校」に問いかけていること
第4章
チーム学校あるあるQ&A―スクールソーシャルワーカーはこう考えます

編集者のコメント

賛否両論があり、それぞれの立場から勝手に解釈されがちな「チーム学校」論ですが、そもそも学校にかかわる社会的な問題をチームで解決するために配置されてきたスクールソーシャルワーカーの経験から、「チーム」活用のために大切なことをQ&Aで解説しています。

著者プロフィール

鈴木 庸裕 フクイマサヒデ

福島大学教授。子どもの生活指導研究から、学校の社会的な機能に着目し、スクールソーシャルワークの研究とワーカーの養成に携わっている。

佐々木 千里 ササキチサト

SSWスーパーバイザー

住友 剛 スミトモツヨシ

京都精華大学

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません

関連書籍

子どもが笑顔になるスクールソーシャルワーク