「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

イラク後のアメリカの戦略と世界平和

イラク後のアメリカの戦略と世界平和

イラクゴノアメリカセンリャクトセカイヘイワ

著 者
ISBN
978-4-87699-823-4 C0031
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2004年07月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

大量破壊兵器の拡散の3方向から徹底分析
超大国アメリカは世界をどこへ導こうとしているのか?イラク戦争、冷戦後の軍事戦略、大量破壊兵器の拡散の3方向から徹底分析。

目次

序文
第一章
イラク戦争とアメリカ社会
一 「九・一一テロ」後のアメリカの自由と民主主義
二 アフガニスタン報復戦争へ
三 疑心暗鬼社会・アメリカ
四 イラク戦争へ突入
五 泥沼化したイラク戦争
六 「イラクは残酷と腐敗のない世界になった」?
七 モンタナ大学での講演に対する質問
八 イラク戦争の目的は何なのか?
九 アメリカ主導の継続か、イラクの自立か
第二章
冷戦後のアメリカの戦争とそれを支える仕組み
一 二一世紀アメリカの国防戦略
二 変わるアメリカの戦争
三 アメリカの軍事力を支える軍需産業
第三章
イラク戦争と大量破壊兵器の拡散
一 大量破壊兵器疑惑とイラク戦争への道
二 イラク戦争の結果とその影響
三 大量破壊兵器の「拡散」とは何か
四 大量破壊兵器を拡散するアメリカ
五 核抑止論の事実と虚構
六 イラク戦争と核軍縮のゆくえ
第四章
アメリカに追随した日本政府
一 イラクへの自衛隊派遣の歴史的位置
二 日本の安全保障
三 北東アジアの安全保障と日本の役割
四 おわりに

著者プロフィール

安斎 育郎 アンザイイクロウ

1940年、東京生まれ。東京大工学部原子力工学科卒業。工業博士。
現在、立命館大学国際関係学部教授、同大学国際平和ミュージアム館長、Japan Skeptics会長、日本平和学会理事、原爆忌全国俳句大会実行委員長なども務める。手品のテクニックを使って不思議な現象を再現する講演・講義が人気を博す。 (2005年6月現在)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません