「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ヒバクの島マーシャルの証言

ヒバクの島マーシャルの証言

かもがわブックレット 149
いま、ビキニ水爆被災から学ぶ

ヒバクノシママーシャルノショウゲン

著 者
ISBN
978-4-87699-801-2 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2004年03月
価 格
定価(本体価格571円+税)
ジャンル

内容

アメリカのビキニ水爆実験で被災したマーシャル諸島の現状を報告し、ビキニ被災50周年の年に、人類は何を学ぶべきかを問いかける。

目次

第1部
いま、ビキニ水爆被災事件を学ぶ

あらためて「ビキニ水爆被災事件」とは?
えっ、第二次世界大戦五回分?
子のしぐさ「ビキニの雨だ毛がぬけた」
ビキニとかけてニキビと解く?
怒りに立ち上がる人々
激しさ増す核兵器競争
第五福竜丸の数奇な運命
ラッセル=アインシュタイン宣言
核兵器で平和はこない

第2部
マーシャル諸島の「あの時」、そして「いま」

はじめに…ビキニ水爆被災とマーシャル諸島のヒバクシャ
マーシャル諸島の人々の暮らし
ビキニ水爆被災、「あの時」マーシャル諸島では
ビキニ水爆被災から五〇年、マーシャル諸島の「いま」
核被害と立ち向かう現地の人々
おわりに…マーシャル諸島のヒバクシャが問いかけるもの
文献紹介

著者プロフィール

安斎 育郎 アンザイイクロウ

1940年、東京生まれ。東京大工学部原子力工学科卒業。工業博士。
現在、立命館大学国際関係学部教授、同大学国際平和ミュージアム館長、Japan Skeptics会長、日本平和学会理事、原爆忌全国俳句大会実行委員長なども務める。手品のテクニックを使って不思議な現象を再現する講演・講義が人気を博す。 (2005年6月現在)

竹峰 誠一郎 タケミネセイイチロウ

1977年生まれ、和光大学卒、現早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程在学中、国際関係学専攻、西川潤教授の「国際平和と人権」ゼミ所属。
1998年からマーシャル諸島のヒバクシャ問題に一貫して取り組む。

関連書籍

現在はありません

関連情報

現在はありません