「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ことばの力 平和の力

ことばの力 平和の力

近代日本文学と日本国憲法
かもがわCブックス 8

コトバノチカラヘイワノチカラ

著 者
ISBN
978-4-7803-0052-9 C0395
判 型
四六判
ページ数
232頁
発行年月日
2006年10月 
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

日本語は真実を語りうるか!?
樋口一葉、夏目漱石、宮沢賢治、大江健三郎の文学作品を通して、「ことばを生きる個人の倫理」と「ととばをあやつる国家の道徳」の相克を明らかにし、日本国憲法の意味を問う。

目次

まえがき
第1章
樋口一葉 宣戦布告の詔勅と女の眼
第2章
夏目漱石 20世紀文明と「個人の革命」
第3章
宮沢賢治 〈正義の戦争〉はあるのか
第4章
大江健三郎 誰も責任を取らない国
あとがき

著者プロフィール

小森 陽一 コモリヨウイチ

1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません