「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

原発ゼロ

原発ゼロ

私たちの選択

ゲンパツゼロ

著 者
ISBN
978-4-7803-0529-6 C0036
判 型
A5判
ページ数
88頁
発行年月日
2012年03月 
価 格
定価(本体価格952円+税)
ジャンル

内容

原発に頼らないエネルギー社会のあり方を考える対話と共同の輪を
原発に頼らないエネルギー社会ー「原発安全神話」を批判し続けた放射線防護学者、自然エネルギーの先駆的イノベーター、原発コストの算出で話題の経済学者、など、4人のエキスパートが、いま焦点の「原発ゼロ」の核心を語る。

読者の声

投稿者:女性 53歳

評価: ☆☆☆
9.11そして、3.10のパレードご一緒した者として、復習する意味でも参考になりました。安斎先生以外は、それぞれ個別に講演などでお話をお聞きしたことあります。チェルノブイリ、JCO事故後、ずっと危険と思いつづけてきました。南相馬から都内に家族分散して非難している友人もいて他人事とは思えません。早く何とかしてほしいし、無関心の人も考えてほしいと思います。

目次

1
何が明らかになり、何が見えてきたか
2
日本におけるエネルギー政策の抜本的転換の可能性
3
原発コスト計算は何を示したか
4
デモに見る市民意識の変化、運動の広がりと可能性
5
大事なのは、地域から主体的に取り組むこと

著者プロフィール

安斎 育郎 アンザイイクロウ

1940年、東京生まれ。東京大工学部原子力工学科卒業。工業博士。
現在、立命館大学国際関係学部教授、同大学国際平和ミュージアム館長、Japan Skeptics会長、日本平和学会理事、原爆忌全国俳句大会実行委員長なども務める。手品のテクニックを使って不思議な現象を再現する講演・講義が人気を博す。 (2005年6月現在)

飯田 哲也 イイダテナリ

環境エネルギー政策研究所所長

大島 堅一 オオシマケンイチ

立命館大学教授

長谷川 羽衣子 ハセガワウイコ

NGO e-みらい構想代表

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません